どこにいても楽で在れる自分

いつもありがとうございます。

True Natureを生きる波動調整®です。

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

自分を寛ぐ

 

波動調整®の状態は無敵

 

それは受容的であり、

 

どの環境下にあったとしても

 

自分という存在で寛げている状態です。

 

 

目の前で起こってくる出来事に

過剰な反応をするわけではなく、

 

ニュートラルでいられることです。

 

 

それは守ることではなく、

 

守りを解いていられること

 

 

守る必要が無いことに

気づいて自然でいられる状態です。

 

 

自分にとって都合の悪いもの

 

自分にとってネガティブなもの

 

こうしたものを避けて

 

自分から遠ざけて遠ざけて遠ざけて

 

そして、安心な環境でいられる、

 

 

これは無敵ではないのです。

 

自分を寛げてはいないのです。

 

 

バリアや結界を張った狭い中で

自分を守って感じられる安全は

 

束の間の気休めでまやかしのもの。

 

 

その状況下でしか

 

安全が感じられないのなら、

 

それはとても不便な生き方です。

 

 

 

波動調整®は体験によって

 

自分のキャパシティを広げていくこと。

 

 

守りを固めて身を隠すことを止めて

自らの余計な防衛反応を解いていくことであり、

 

 

ネガティビティを遠ざけるのではなく、

それを含んだ自分になっていくことです。

 

 

 

自分を寛ぐというのは

 

一定の環境下で限定的なものではなく、

 

どこにいても誰といても

どの状況下にあっても

 

自然な自分で在り続けることです。

 

 

そのために

 

怖い物を怖いと思う自分を認め

それでもそこと向き合っていくこと

 

自分が避けていることと

きちんと出逢っていくこと

 

目を背けていることと

正面から対峙していくこと

 

 

そして

 

そこで起こる葛藤を味わうことで

自分の中で統合していくこと

 

自分の守りの壁の外へ出て

本当の安全を体験していくこと

 

そうやって自分を広げていくこと。

 

 

陰も陽も含んだ丸ごとの世界の中で

陰も陽も含んだ自然な自分で在ることです。

 

 

それが自分を寛ぐということです。

 

 

波動調整®は自分を寛げていることです。

 

単純にストレスが無い状態に囲われて

リラックスできるようにしましょう、という

 

単純なレベルでのお話ではなくて、

 

それは受容であり統合ということです。

 

 

どこにいても大丈夫な私

 

何が起こっても大丈夫な私

 

大丈夫じゃなくても大丈夫な私

 

起こることを許せている状態が

無為自然で無敵な在り方なのです。

 

 

それが波動調整®の在り方です。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。