自身のカラダから

 

いつもありがとうございます。

True Natureを生きる波動調整®です。

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

カラダの声を聴く

 

季節の変わり目になると

身体というのは不思議なもので

必要な症状なりを出しながら

その環境に適応しようとしてくれます。

 

身体も宇宙の一部・自然の一部ですから

(それ自体が宇宙とも言えますが)

 

よくよく考えてみれば

自然の流れにあることであり、

なんら不思議なことではないとも言えます。

 

 

もちろん現代という時代では

 

身体の感覚そのものが捻じ曲げられ

本来は人間にとって不快に感じるものまで

 

あたかも快であり必要なもののように

あたまの方からも洗脳されてしまっている

そんな傾向もアチラコチラで見受けられます。

 

 

それでも身体というのは

私たちがこの次元を体験していくために

必要不可欠なパートナーの1つであり、

 

(それ自身が自分ではないですが)

 

みなさまはいま自分自身の

身体の声を聴くことができていますか?

 

そこに現れてくる声を

きちんとキャッチできることは

とても大切なことのはずです。

 

身体の声を聴くというのは

身体に言うことを利かすことではありません。

 

自分に都合よく造り替えることではありません。

 

 

波動調整®は意識を扱っていきます。

 

それはつまり

 

身体を扱っていくということでもあります。

 

 

 

波動調整®は観えない世界を扱っていきます。

 

だからこそ

 

観える世界をきちんと捉え扱っていくのです。

 

 

それは自然である身体に気づいていくこと

本来備わっていた力を思い出していくことです。

 

 

現れている症状をどこかに消しても意味は無いのです。

 

イメージで身体の形を書き換えても意味はないのです。

 

身体をバリアで覆って鈍化させても意味はないのです。

 

身体なしに意識が上がったと勘違いしても意味はないのです。

 

 

この次元を生きる身体を持って生まれていながらにして

身体をないがしろに霊性も進化も何もないはずなのです。

 

 

波動調整®は内と外を同時同量に観ていくことです。

 

 

外側の現実世界をニュートラルに観ることであり、

そこの体験を経て身体に出る反応を観ることです。

 

身体を置き去りにすることなく

身体を通して霊性を磨いていく取り組みです。

 

 

もう一度お聞きします。

 

いまの自分自身の

身体の声を聴くことができていますか?

 

身体に意識を向けることができていますか?

 

 

波動といっても観えない世界だけではなく、

物質として現れているものを観ることでもあります。

 

波動調整®もトーラス整体もどちらも

身体と意識とを観ていくためのものです。

 

身体に対しては様々な想いをであったり、

セルフイメージやコンプレックスを抱いたり、

 

当たり前にそこにあるもので

ついついないがしろにしがちなものであったり、

 

でも、だからこそ

日常の中からそこに対して意識を向けていく。

 

そうした取り組みが自然と現代では

求められているのではないでしょうか。

 

せっかく波動調整®という比較的珍しいものに

興味を持って頂けたのですから、その流れで

ご自身の身体にも意識を向けていただれば幸いです。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。