統合に向かう前に必要なこと

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

統合の前に

 

波動調整®は統合のためのプロセスです。

それはこの世界を体験していくことです。

 

この双極によって成り立つ世界の中で

その間での葛藤を味わっていくことです。

 

葛藤がなければ、

両極に分離しなければ

そこの統合は生まれないのです。

 

統合へと向かうためには

その前にまず分離があるのです。

 

その目の前の葛藤を観ることがなければ

その先の統合という方向性は生まれないのです。

 

改めて波動調整®は統合のプロセスです。

 

つまり、それは

 

葛藤を避けるためのものではない、ということ。

 

問題を消し去るためのものではない、ということ。

 

 

統合の方向性とはマイナスの反対ではありません。

ネガティブの対極にあるものではありません。

 

そこを避けてプラスに転じよう

ポジティブであろうとすることは

統合へと向かうことではないのです。

 

統合のような退化

 

分離が無ければ統合は生まれないのです。

 

プラスとマイナスの双極がなければ、

それぞれが等しいという“等化”の観点

つまり、統合という3の観点は無いのです。

 

マイナスがダメ・プラスが良いではなくて

どちらも同じで差が無いことへの気づきが

“等化”であり”統合”です。

 

波動調整®は統合であり等化のための在り方です。

 

それはつまり目の前の世界と向き合うことです。

 

問題と出逢うことであり葛藤を味わうことです。

 

目の前の問題の解決法を求めることではなく、

その問題をきちんと出逢っていくことです。

 

ただ観てニュートラルに出逢っていけるからこそ

そこに受け容れる(統合)の機会が訪れるのです。

 

分離が無ければ統合は無いのです。

 

統合のためには分離への気づきが必要なのです。

 

裏を返すならば

 

分離をなくすことは統合ではないのです。

 

分離を含んでいくことが統合なのです。

 

すべては1つ、問題は幻、分離も幻、

こうした誤った統合の方向性の考え方が

マインドを虚無の方向と導くのです。

 

分離の無い1つに戻ることは進化ではなく

分離を含んだ全体へ還ることが進化です。

 

波動調整®は意識進化のためにあります。

 

それはすべてが一つという幻に入るのではなく、

この3次元という世界ときちんと出逢って

そこを観ることから洞察していくことです。

 

まずは分離から

 

分離を避けることからは統合は生まれません。

 

頭の中で統合へと向かわなければと考えて

マインドを納得させることは統合ではありません。

 

 

分離が悪・統合が善ではないのです。

 

波動調整®で起こることは

いつでも“促進”です。

 

それは統合へと向かう促進であると同時に

統合のための分離の促進でもあるのです。

 

目の前の問題がなくなることではなく、

必要な問題が目の前に表出されることなのです。

 

必要な分離を必要なだけやりきらない限り

統合に向かう機会は訪れないということです。

 

波動調整®はこの3次元という世界を

必要なだけ体験し尽くすためにあるのです。

 

言葉だけの統合をするためではなく、

体験を通して府に落としながら、

言葉の前の領域で統合していくプロセスです。

 

 

まずは目の前の分離に気づくこと

自分の中の分離に意識的になることであり、

この世界の分離を体験していくことからです。

 

目の前で起こる現実を見守ること

そこで起こる自分の内側を見守ること

 

 

そうして必要な体験と出逢っていくことが

起こることを許していくことであり、

波動調整®という統合の道なのです。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。