分かり合う / 1つになる

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

分かり合う/1つである

 

他者と分かり合うというと

 

どういう状態だと思いますか?

 

 

波動調整®とは分かり合うことです。

 

 

それは1つになることではありません。

 

みんなが1つの同じ結論に至ることではありません。

 

 

お互いの違いを知ることです。

 

 

妥協をしていくことでもなく、

擦り合わせていくことでもなく、

 

私はこう考えている。

 

あなたはこう考えている。

 

そのそれぞれを認めることです。

 

そこで争わないことです。

 

1つの絶対的な正解を

私の考えもあなたの考えも無視して

共有(強制)していくことではない。

 

分かり合うとは正解を共有することでもなく、

自分の信じているものを相手に敷くことでもなく、

 

違いを知っていくこと。それを認めること。

 

この世界の多様性を否定しないということです。

 

違ってよいという圧力

 

“みんな違ってみんな良い”

 

それは一つ言えるのですが、

 

 

その価値観が圧力になることもあるのです。

 

違うことを強要されることもある。

 

 

波動調整®はオリジナリティが引き出されるもの

 

 

それは頭で造った肩書きを付け足すことではなく、

強みと信じ込んだものを吹いて回ることでもなく、

 

元々備わっていた自然さが滲み出てくることです。

 

違いを主張することではありません。

違った存在に生まれ変わることではありません。

 

個性的であることを強要することでもありません。

 

何かをするまでもなく私たちは違った存在です。

 

 

私たちは誰一人として同じ存在ではありません。

 

より自然でオリジナルである存在に還ることです。

 

 

外側の絶対的な正解を身に纏うのではなく、

内側の相対的な感覚に素直になっていくことです。

 

みんな1つという幻想

 

すべては1つである。

 

その世界は決して強要されるべきものではありません。

 

個を捨てて、同じに染まっていくことは

とても危険な方向性と言えるでしょう。

 

世界は1つだから、みんなが1つになるのではなく、

 

みんなが違ったオリジナルな『個』であるからこそ

この世界は1つの形として成り立っていくのです。

 

波動調整®はワンネスを体現していくことです。

 

それは同じ1つの『源』に還っていくことではなく、

1つの自然な『個』を取り戻していくことです。

 

1つを強要していくことではありません。

 

その理想・正解を強要することではありません。

 

違いを認めていくことです。お互いを認めていくことです。

 

波動調整®とは受け容れていくことです。

 

それは他者(外側の世界)と対峙した自分を観ていくことです。

 

相手の存在を自分の世界の中に許していくことです。

 

お互いにお互いの違いを認め合い許し合う。

 

そうした本質的な”ふれあい”に満ちた世界を体現することです。

 

 

みんなに違うことを強要しません。

みんなが1つになることを強制しません。

みんなが変わることを強要しません。

みんなが理想の型になるよう矯正しません。

みんなに絶対的な正解を強要しません。

 

 

各々が各々として世界に存在している。

ただ、それを認めているだけなのです。

 

波動調整は分かり合うためのものです。

 

この世界を一緒に体験していきましょう。

 

私たちは私たちとして

それぞれがそれぞれとして

それぞれの体験をしていきましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。