ハートを開くということ

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

オープンハートで在る

 

波動調整®とはハートを開くことです。

 

ハートを開いた状態で在ることです。

 

しかしながら、

 

ハートを開くとはどういう状態でしょうか?

 

 

 

“ハートを開く”と聞いて

どんなイメージを思い描くでしょうか?

 

 

当然ですが、

 

変にオープンな性格になることではないですよね。

 

なんでもウェルカム、みたいなポーズとしての

 

言葉尻だけのオープンハートのことではないわけです。

 

 

目の前の対象を好意的に受け止めることではないし、

なんでもポジティブに捉えることではないわけです。

 

目の前の対象に左右される表面的な“ハートを開く”

波動調整®でいうハートを開くとは話のレベルが違うわけです。

 

いつでも大事なのは表面に見せている

パフォーマンスとしての部分ではありません。

 

もっと根底に燻ぶっているもののはずです。

 

ハートを開くこと

 

ハートを開こうとすることと

 

ハートを開くことは違います。

 

 

開こうとすることと開くこと

それらは別のことをすることです。

 

 

開こうとして開かれるものは

ただ開かれるものとは違うものです。

 

波動調整®はハートを開くことです。

ハートを開こうとすることとは違います。

 

ただ開くだけなのです。

 

そこに余計な意味づけや

余計な努力をすることではないのです。

 

むしろそれらを止めていく結果なのです。

 

“ハートを開く”そのために

何をしようとしてしまっているでしょうか?

 

何かをしようとしている間は

 

“ただする”が出来ていないのです。

 

自分が何をするはずだったのか

 

何かをしようとしている間に

忘れてしまっているのかもしれません。

 

ハートを開くこと

 

波動調整®とは受け容れていくことです。

 

相手の存在が自分の世界に在ることを

ただ許していくだけのことです。

 

そこに過敏に影響されてしまうのではなく、

無自覚に流されてしまうのではなく、

 

ただ在ること

 

共に在ることを許すこと

 

そこで起こることを許すこと

 

私の意識の中にそれが在るのを認め

そこに存在することを許している状態です。

 

 

キラキラとしたハートを開こうとはしません。

 

イメージ(架空)のハートに埋没しようとはしません。

 

嘘のオープンなキャラクターを被せようとはしません。

 

 

いまのそのままを認めていくことです。

そしてありのままで在ることです。

 

 

何者かになろうとせずに

本当のわたしで在ることです。

 

そして世界とともに在ることです。

 

ハートを観じていきましょう。

 

感じようとするのではなく、

ただ観じていきましょう。

 

何かを開こうとするのではなく、

おのずと開いていくものに任せましょう。

 

特別な場で特別なことをするのではなく、

いつでも丁度良く目の前に来ているものを

きちんと丁寧に体験し味わっていきましょう。

 

抵抗する自我に気づいてOFFしていきましょう。

 

しようとしている自分・しちゃっている自分

そこに気づいてそれを止めていきましょう。

 

それが受け容れていくということです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。