不調和を含んだ調和へと向かうために

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

波動調整®が生むもの

 

波動調整®とは“調和”で在ることです。

 

それは表面的な不調和も含めての“調和”です。

 

 

それぞれの人が望むと望むまいと関係なく、

そこに起こることのすべてを含めた”調和”なのです。

 

 

思い通りに物事が進んでほしい。

自分にとって望まない展開にならないでほしい。

 

そうした想いのままに進むことが”調和”ではなく、

 
 

その思い通りにならないことも、

 

自分にとって望まない展開すらも

 

本来的な”調和”に向かうことなのはずです。

 
 

それに向かわせないよう押しとどめることにより

なお一層の”不調和”な苦しみを生んでいくはずです

 
 

調和を妨げるもの

 

いつでも調和に向かうのを妨げているもの。

 

それは私たちの(低位の)自我ともいうべきものでしょう。

 
 
 

思い通りになること、

 

望まない展開を避けること

 
 

個人の目線でそう想えることであったとしても、

 

どんなに正しいと思い込めるものであったとしても、

 
 

目の前のことがすべてという狭い視野ではなく、

 

別の視座から大きく広い視野で観ていくならば、

 
 

その個人の必死の抵抗の想いが

調和を妨げる不調和の元とも言えるのです。

 

 

“調和的である”とは

 

“平和的である”とは限らないのです。

 

 

時には激しく揺さぶられることもあるでしょう。

頭の中の自分では認めたくないこともあるでしょう。

 

 

その目の前で起こること

その結果としての現象世界に

意味があるわけではないのです。

 

 

では、真に調和的で在るためには

どうしていけば良いのでしょうか?

 
 

調和的な存在へ

 

波動調整®とは、感じないことではないのです。

 

悩まないことでも・苦しまないことでもないのです。

 

摩擦・ぶつかり合いを避けることでもありません。

 

器用に立ち回って上手くやり過ごすことでもないのです。

 

 

逆を言えば、きちんと感じていくことです。

 

目の前の悩み・苦しみと向き合っていくこと

 

きちんと自分の考えを表現できること

(感情をぶつけることではない)

 

不器用に真正面から受け容れていくことです。

 

 

表面的な”調和”を取り繕わないことです。

 

綺麗事の”調和”を装わないことです。

 

私たちの目線での”不調和”も含んだ

全体的な”調和”へと向かうことです

 

 

自分だけで起こす調和などに意味はないのです。

 

自分の目の前だけが平和では調和ではないのです。

 

 

私たちはあまりにも

“調和”という名の“不調和”

取り込まれてしまっていないでしょうか?

 

 

波動調整®の施術というのは

 

自らの中にある”不調和”に気づくこと。

 

自らの反応として出ている

目の前の出来事に対する抵抗

 

それを受け容れていくという作業です。

 

(頭の中ではなく身体で具体的に行うことです)

 

 

もちろん施術の時だけが

“調和”なのではないのです。

 

 

目の前で起こることに対して

その時の内側で起こるものに

常に意識を向けていくということです。

 

 

“不調和”を恐れるあまりに

目の前の”調和”に向かおうとする

 

その”不調和”を止めていくことです。

 

 

ぜひ自分だけの見えている世界に囚われず

自分だけの望む現実に執着することなく、

全体の中の調和的に在ってくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。