解放されて向かうところ

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

心も身体も解き放つ

 

自分の中に経験はないでしょうか?

 

私たちは案外に

自分で自分を苦しい状態に置いていたりします。

 

ちょっとした姿勢や身体を動かすとき、

身に着けているものや社会的な環境、

 

自分の中で不快を感じていながらも

 

(もしかしたら不快であることにも

もはや意識に及ばなくなっているかも)

 

正すこと、変化を起こすことを避けて、

表面的に波風が立つことを恐れて、

 

自分を”そのまま”にしてしまいがち

 

常に変化し続ける自然界の中にいて

私たち人間という不器用な存在だけが、

“そのまま”の状態で”いようとする”ことができる

 

波動調整®というのは繊細さを磨くことです。

 

それはつまり、本当の快・不快を見極めていくこと。

 

本当は苦しい”そのまま”の不自然な自分に気づいて

解放された”ありのまま”の自然な状態へと還っていくことです。

 

“そのまま”の自分を認めて

“ありのまま”の私へと還っていく

 

本来持っている自然さを取り戻していくことなのです。

 

解放されるの勘違い

 

波動調整®というのは解放することです。

 

それはつまり、True Nature

 

私たち自身の本質の解放です。

 

 

それは願いが叶うようになる、とか

 

ネガティブがポジティブになる、とか

 

 

現実が思い通りに展開される、とか

 

そういった自我のインフレともいうべき、

毒された方向性に話が進むことではなく、

 

そういった領域の話と関係なく、

 

元々に持っているもの、

 

その自然さが解き放たれるものでしかないのです。

 

(もちろん強く抑圧されていたものの反動として、

そういった方向性に一時的に進む人もあるでしょうが)

 

 

波動調整®というのは本当の私を思い出すプロセスです。

 

本当の私=True Nature です。

 

それは個我の欲望・執着の無い領域の私を含んだ自分です。

 

“解放”という言葉をとても狭小な範囲で捉えていると、

この世界の毒された部分に囚われたままになるでしょう。

 

“解き放たれる”というのは、”余計なものが落ちる”ということ。

 

波動調整®というのは自己の中の余計な抵抗が減ることです。

 

本来の自然な変化の流れを止めていたものを止めていくことです.

 

 

不自然さを見過ごさない

 

“解放されたら楽になるのに・・・”

 

そうした夢物語を妄想していても

いつまでたっても何も始まらないのです。

 

誰かに何かを解放してもらう、のでは

そこに真の意味での解放は訪れないのです。

 

波動調整®は特別な誰かや特定のツールと

依存関係を結ぶためのものではないのです。

 

 

誰かに解放してもらうのではないのです。

何かに解放してもらうのでもないのです。

 

 

波動調整®のテーマは『自立』です。

 

自分の足で自分の人生を歩いていくこと

用意されているシナリオを味わい尽くすことです。

 

自分で自分に気づいていくこと。

自分で自分を解放していくこと。

自分のTrue Natureで在ること。

 

どうぞ見極めていってください。

 

外側の結果・事象に、ではなくて、

そこで自分の内側に起こっていることにこそ

ちゃんと注意を向けていってあげてください。

 

そのために普段の何気ない自分の状態にも

常に意識を払っていくことがとても大切なのです。

 

横着せず、面倒くさがらず、流されず

 

意外と自分の快と思っていたことが、

自分で当たり前と思っていたことが、

本当は自分を阻害しているのかもしれません。

 

些細なところからで大丈夫、

小さな一歩から始めてみてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。