導かれることの危険

 

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

導かれるがままに・・・

 

“あなたはこうあるべき”

 

それを人に決められるとしたら

そこには窮屈さがつきまとうはずです。

 

あなたはこうですよね!?

こういう身体ですよね!?

こういう性格ですよね!?

こういう人間ですよね!?

 

そのように自然と誘導されるがままに

気が付いたら自分が

その人の言うものになっていたとしたら、

 

その誘導は強制力を持っていきます。

 

ただただ誘導されるがままならば、

私たちはどんどんと違う人になっていきます。

 

誰かがどこかで言っている通りに

ただただ導かれるがままにあることで

大切なものから離れてしまっていないだろうか?

 

知らず知らずのうちにあさっての方向へと

導かれるがままに流されてはいないだろうか?

 

1つの決まった方向へと押し流されていないだろうか?

 

自分という存在が強固に決めつけられていないだろうか?

 

導くことの怖さ

 

 

波動調整®の中には

 

相手を誘導する・導くという

 

怖さを孕んだ意図がありません。

 

 

出逢う相手に対して

 

こうなったら良いですね。

 

こういう世界を体験していきましょう。

 

光を吸い込んで体中に満たしましょう。

 

このように相手を幻惑の世界へと

ミスリードしていくためのものではないのです。

 

誘導されるがままにある、というのは

一種の思考停止に陥れることでもあります。

 

ここではない、どこかへと導くことで

いまここの瞬間から引き離すことでもあります。

 

綺麗なイリュージョンの世界へ導くことで

地に足のつかない妄想世界に入り込んでしまいます。

 

そこには怖さがあります。

 

誘導されることに慣れていくと

初めにいた場所が分からなくなります。

 

自分じゃない自分が自分を支配していくでしょう。

 

一見すると”良さそうな方向”に導かれているようで、

そこには大きな落とし穴が待っているのかもしれません。

 

仕掛けはいつでも巧妙なのです。

 

誘導すること、されること

 

そのどちらもが危険性を孕んではいないだろうか?

 

そこに何かを造り出してはいないだろうか?

 

その誘導を疑っていく目

 

波動調整®は相手をいざなうものではないのです。

相手を決めつけてしまうものではないのです。

 

波動調整®の中には

 

相手がこうなったら良いという

理想の形なんてものは存在しません。

 

1つの方向性に向かわせるように

相手を誘導していくこともありません。

 

私たち1人1人には現実を造り出せてしまう、

造物的な力が与えられているからこそ、

 

相手のことをジャッジし誘導することで

その通りに相手の身体を造り変えてしまったり、

こちらの意図で相手をコントロールしていたり、

 

そうしたことが出来てしまう力を

私たちが無自覚にも持ってしまっているからこそ、

 

観察する自分さえも観察しながら、

最大限に注意を払っていくのです。

 

そして事実とそうでない思い込みを

洞察のもとに見極めていくのです。

 

波動調整®という生き方の学びは

相手をどこかへ導くことが目的ではないのです

 

自分で自分を観じながら

自分の足で大地を感じながら

自らの意思で真の導きに沿うことです。

 

それは言葉で誰かが誘導するものではなく、

使命などという安っぽい言葉で示されるものではなく、

その瞬間瞬間に感覚として現れる些細なものからです。

 

自分を導く誰かの声を疑っていくことです。

 

鵜呑みにせずに見極めていくことです。

 

イメージの中の世界へと引きずり込まれずに

きちんと自分の身体で、この世界を味わうことです。

 

波動調整®というものが、

どこかへ導くことはありません。

 

1人1人の人が、自分の意思をもって

自分の身体を使って自分の世界を味わって

自分の造った世界を見破って自分を手放していく

 

自分で自分のプロセスを体験し尽くすためのツールなのです。

 

この世界の中には様々なミスリードが溢れています。

 

散りばめられた綺麗な言葉の中に危うさが潜んでいます。

 

ぜひみなさまもマインドを使いこなして

注意深くこの世界と対峙していってみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。