「変わってゆく・変えてゆく」ということ

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

波動調整®は変化を起こすことではありません。

 

 

“変わろう”とする何かではありません。

 

“変えよう”とする何かではありません。

 

 

変わらなければいけない、という

 

その強迫観念はどこから来るのでしょうか?

 

 

目の前の相手を”変えてやろう”などという

 

その侮蔑と傲慢さはどこから来るのでしょうか?

 

 

 

もちろんですが、

変わらずにいることは不自然です。

 

そのままでいるのは苦しいことです。

 

 

しかしながら、

 

作為的に表面の意識を弄繰り回しても

 

そこで起こることは“変化・変容”ではなく、

 

“いま”という時への“拒否・抵抗”でしかないのです。

 

 

”変わらずにいる”ことが苦しいように

“変えようとする”こともまた苦しいのです。

 

変化していくというのは自然の法則です。

 

 

この宇宙の中に止まり続けるものはありません。

変化は作為的に起こされるものではありません。

誰かが意図的に起こしていくものでもありません。

 

 

自然とともに変わっていくことを拒んでいるのは

いつだって自分という存在の思い込みでしかないのです。

 

(ある種、人間だけに与えられた器用な錯覚ですが)

 

 

“変わらずにいる”・”変わろうとする”

 

このどちらもが実は同じ性質のもので、

自然と起こってゆく変化に逆らうものです。

 

 

移ろいゆく変化を体感するのが私たちであるはずなのに

“現実の創造主”を気取って変化を起こせるという錯覚は

より一層深い深い魔境にハマり込んでいく行為のはずです。

 

(そうした段階を経ることを体験として必要な場合もあります。)

 

 

波動調整®ですることはシンプルに1つだけです。

 

それは「起こることを許す」ということ。

 

いつでもこれだけなのです。

 

それは作為的に「変化を起こす」こととは違うのです。

 

そうして外側を意のままにコントロールしそうになる

その弱いエゴの強い主張に気づいて止めていくことです。

 

それは無自覚に「変化を拒んでいる」

その頑固な我の強固な主張に気づいて手放していくことです。

 

抵抗が減れば滞っていた流れがスムースになるのは

当たり前のような物理法則といえるでしょう。

 

 

波動調整®がしていくことは

自分自身の中にある”抵抗”を

止めていくことで変化を許すこと。

 

 

“変わろう”としなくて大丈夫です。

“変えよう”としなくて大丈夫です。

 

(もちろんどちらをしても大丈夫ですが)

 

むしろそれらを止めて委ねていくことで

流れとともに変わっていくことの方が自然です。

 

 

起こることは常に起きてゆきます。

 

 

その流れの中にありながら、

 

“変わらずにいる”・”変わろうとする”

そして、何かを”変えようとする”

 

そうした自分に意識を向けてみてください。

 

そこに気づくことが「起こることを許す」の

最初の足掛かりになっていくはずです。

 

それではまた次回、ありがとうございました。