片一方の半分だけの世界を体験していませんか?

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

本日も全身全霊でお伝えしてまいります。

 

どちら”が”触れている?

 

 

いま私たちの目の前に

 

何かのものがあったとして

 

利き腕をかざして触れてみる。

 

 

“触れている”

 

 

誰がどこに???

 

私が一方的に???

 

 

私が目の前のものに触れている。

 

私という主体が

触れられる対象となる

その客体に何かをしている。

 

 

これが一方的な世界。

 

 

主体と客体が明確に分かれている

 

私とあなたとの境界線が

きっぱりと明確に引かれている

 

ただ私が物に触れている。

 

そこに起こっていることは

果たして、私という我が認識している

その一方的なものだけなのでしょうか?

 

どちら”も”触れている

 

もう一度最初の想定を思い返して

 

いま私たち “が” 触れている

 

そう思っている手に意識を向けて

 

 

私という主体が

 

一方的に触れている

 

のではなく、

 

触れらている対象

 

その客体の側からも

 

私の手に触れている。

 

 

こういう意識に気づくと

途端にこの世界の景色が変わります。

 

 

私が一方的に働きかける

独善的な世界との出逢い方ではなくて

 

私と相手とが対等な関係で

調和的にこの世界と出逢っていく。

 

 

私が一方的に何かをしている

 

その勘違いに気づいていく。

 

そこに自他の境界線を解いていく

 

双方向に出逢っていく

 

いや、解いていくというのではなく、

 

そこにあると考えていた境目が

元々は何もなかったということ。

 

私という”我”が一方的にしているのではなく

 

同時に双方向に影響しあっている。

 

私が触れている

 

その一方で、

 

その手は対象からも

 

触れられている。

 

 

これが”ふれあい”

 

私が触れているのではなく、

 

私は常に触れ合っている。

 

常に双方向のベクトルが出逢うからこそ

この世界は均衡を保って成立できるのです。

 

この”ふれあい”の意識をもって

目の前にあるこの世界のすべてと

真に対等で出逢っていけるのであれば、

 

たちまち世界の形は変わってしまうでしょう。

 

一方的な我だけの世界というのは

限定的な半分だけの世界の体験です。

 

そこにある精妙で深遠な世界に
気づいていく余地が生まれないでしょう。

 

いまここで語っている”ふれあい”というのは
単に”触れる”という行動だけの話ではないのです。

 
 

“私がしている”と思っていることすべての話。

 
 

波動調整®はこの世界と真に出逢っていくこと。

 
 

それはつまり双方向で同時同量で触れ合っていく

 

自分という主体と客体を解いていくということ。

 
 

ぜひ読者の皆様も日常の中で

 

“自分がしている”と思っていることの

 

そこで同時に起こっている逆ベクトル

 

双方向の触れ合いに意識を向けてみてください。

 
 

きっと違った世界の体験が待っているはずです。

 
 

今日も最後までありがとうございました。
引き続き、波動調整®をよろしくお願いいたします。
それでは、また次回。