「自分」という制限

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

 

波動調整®というのは

 

「本当の私」を思い出すプロセスです。

 

 

 

それは特別な自分になることではなく

 

新しい自分に生まれ変わることではなく

 

なりたい自分に変身することでもなく

 

肩書や資格で与えられる自分でもないのです。

 

 

 

それは本来から備わっているはずなものです。

 

 

「特別な自分」「新しい自分」「なりたい自分」

「理想の自分」「ありのままの自分」「そのままの自分」

 

これまでは「自分」という言葉で

様々な表現を説明してきました。

 

 

「自分」という言葉は

 

「自ら分かれた」存在と表します。

 

 

それはつまり

 

この次元・世界を体験するために

物質的な制約のある身体を持って

自ら生まれ落ちてきた存在を意味します。

 

 

繰り返しになりますが

 

 

波動調整®というのは

 

「本当の私」を思い出すプロセス。

 

 

「本当の私」というのは

「自分」という領域とは

違う表現ということです。

 

 

自ら分かれてくる前の領域も含んだ

この目に見える領域世界だけではない

すべてを含んでいる存在が

ここで使う「私」という表現です。

 

 

波動調整®は

その「私」を思い出すプロセスです。

 

 

 

つまりそれは

 

私たちが見聞きしている

 

この世界の言葉で形容できない

「私」なのです。

 

 

 

「自分」を知る・「自分」を思い出す、というと

 

自分がどんな人だったのかを理解する、といった程度

 

 

 

「自分は〇〇な人間だった」という

 

言語化されるアイデンティティになってしまいます。

 

 

 

これはあくまで、この次元を体験している

「自分」という存在が思い込んでいるもの

 

 

それは「私」ではないのです。

 

 

この苦労・苦難の多い世界を生き抜くための

処世術として身にまとってきている

「自分」という鎧であり盾でしかないのです。

 

 

 

波動調整®はそれらを脱ぎ、削ぎ落としていくことで

「私」というものに気づいていくというプロセスなのです。

 

 

 

「自分は〇〇です。」

 

 

自分の生まれ育ってきた環境

 

親や学校から与えられてきた評価

 

占いや診断で語られているような特性

 

 

 

こうした外側の世界との関係の中で

さまざまに練り上げられてきた「自分」

 

 

こうした「自分」を

さらに詳細に明確に強化していくのではなく、

疑って疑って徹底的に疑って脱ぎ捨てていく

 

 

知らぬ間に纏っている「自分」

 

同一化してしまっている「自分」

 

信じ込んでしまっている「自分」

 

 

「自分」で「自分」についている

その嘘を見破っていくことです。

 

 

“自分は〇〇です。それが本当の私”

 

と、表現されるものは

 

「本当の私」ではないのです。

 

 

(恐らくは本当の自分でもないのですが)

 

 

 

一見するとこの世界の中では

 

“自分はこういう人間である”と

決めつけてしまった方が楽なように感じられますが、

 

 

 

本来とは違った型の箱の中に

無理やり「自分」をしまい込んだのなら

 

それはどれだけ窮屈で苦しいことでしょうか?

 

 

 

波動調整®というのは

「本当の私」を思い出すプロセスです。

 

 

それは「自分」の枠に苦しまないことです。

 

「自分」で「自分」を制限しないことです。

 

「自分」の可能性を「自分」で決めてしまわないことです。

 

 

次回以降で

もう少し「自分」と「私」の話を掘り下げていきますね。

 

それでは、この辺にしたいと思います。

 

ありがとうございました。