「ありのまま」の自分とは

 

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

 

波動調整®というのは「本当の私」を思い出すプロセスです。

 

 

それは前回までお話ししてきた通り

 

「なりたい自分」「理想の自分」といった

 

「いまの自分」を変えていった先にある

 

自分ではない何者かになることではないのです。

 

 

自分ではないものを自分と同一視してしまう。

そこに大きな苦しみの原因が隠れています。

 

 

まずは「いまの自分」に正直になる

 

波動調整®はそこから始まります。

 

自分についている嘘を止めていくことです。

 

 

「いまの自分」から目を背けるのを止める

 

 

いまの「そのままの自分」を認めていく

 

(認識する・気づく)からこそ

 

「ありのままの自分」が展開されていくのです。

 

 

「ありのまま」は「在るがまま」

 
 

それは自然と展開されていく

 
 

流れていく・にじみ出ていくものです。

 

 

無理やりに外側に主張をすることではありません。

 
 

 

それはつまり意図的(作為的)に

 

自分を解放しようとすることとは

 

まったく別のことなのです。

 

 
 

「ありのままの自分」は「我が儘」ではないのです。

 

我が儘放題ふるまうことや何でも好き勝手主張する

 

満たされない自分の幼児退行ではないのです。

 

 

 

絶えず変化を続けている宇宙・自然

 

その中の1つの自然な存在として

 

常に変化・起こることをを許している状態

 

 

それが「ありのまま」の自分であり

 

 

自分の自然な姿といえるでしょう。

 

 
 

固定化された「そのまま」でいることは不自然。

 

「そのまま」を受け容れるからこそ

 

「ありのまま」に還っていくのです。

 

 

波動調整®とは「在るがまま」の「自然な状態」で在ること。

 
 

「そのまま」を絶えずキープし続けること、

 

変わることを拒み苦しみ続けることを

 

ただ止めていくことなのです。

 

 

また一方で

 
 

「満たされない自分」を満たすために

 

傍若無人の「わがまま放題」といった

 

「ありのままの勘違い」を止めていくことです。

 

それはどこまでいっても変わりません。

 
 

自分に正直になる、というのは

 

欲望のまま好き勝手することとは違います。

 

 

 

繰り返しになりますが、

 

何者かになっていくことではなく

 

自然な自分に気づいていくことです。

 

 

その欲がどこから来るのかを見破ることです。

 

 

「ありのまま」という言葉は

 

社会のゴリ押しとともに大量に出回っている言葉

 

その中で大きな履き違えも起こっている言葉

 

 

抑圧されたものを解放して辿り着くものではなく、

 

「在るがまま」という自然な状態に還ること。

 
 
 

それは子供返りして好き勝手することではなく、

 

陽転させてポジティブを気取ることでもなく

 

 

違う何者かになろうとすることを止めて

 

いまのそのままで留まろうとすることを止めて

 

自然の流れの中に在る自分であることです。

 
 
 

波動調整®は「無為自然」であること

 
 

それは「作為」的に造り出すことを止めていくこと

 
 
 
 

「ありのまま」を履き違えたままだと

 

いずれにしても苦しくなっていきます。

 

 

波動調整®は「そのまま」を認めて

 
 

「ありのまま」に還っていくプロセスです。

 
 

どんどんと自分に正直になるプロセスです。

 
 
 

”嘘のない自然な姿で在る”こと

 
 
 

読者のみなさまはどう在りたいですか?

 
 
 

どうぞ在るがままであってくださいね。

 

それではまた次回、ありがとうございました。