具体的に統合をする対象

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

“統合する・許す・認める・手放す・愛する”

 

 

波動調整®についてお伝えする中で

 

度々、出てくるキーワードであり

 

ほぼ同義語として使っています。

 

 

 

波動調整®の最も重要な用語で

それを言い換えるならば

 

『受け容れる』になるでしょう。

 

 

しかしながら

 

それは何かをすることでは無いのです。

 

 

マインドを使って頭の中で

無理矢理に納得させることではありません。

 

クリーンなイメージに書き換えることではありません。

 

その対象をポジティブに捉え直すことでもありません。

 

 

 

例えば、身近にいる誰かや何か

 

過去にあった出来事や幼少期の記憶

 

 

そうした具体的な外側の事象

 

 

それらは『受け容れる』ことの

対象になるものではありません。

 

 

そこを理解しない限り

 

ただ外側の世界に対して

 

不毛な戦いを挑み続けるだけなのです。

 

 

外側の何かを変えることではないのです。

 

 

外側の何かは統合できません。

 

外側の何かは許す対象ではありません。

 

 

私たちがしていくことは

 

(することができること)

 

いつでも1つだけです。

 

 

外側の対象と対峙した時の

 

自分の内側に起こる反応

 

それに気づくことだけです。

 

 

統合する・受け容れる

 

 

それはその反応に対してのみ可能なのです。

 

 

波動調整®はその具体的な実践です。

 

 

波動調整®講座の中では

Day3「無敵の世界」で主に扱われる

この具体的な”受け容れる”

 

 

これこそが統合していく上での

 

外すことができない最重要要素であり、

 

波動調整®の実践におけるキモなのです。

 

 

逆を言えば

 

『受容』を知らない波動調整®は

 

実質的な波動調整®とは言えないくらいでしょう。

 

 

そして、そこがスタートラインとも言えるでしょう。

 

自分の力で世界と出逢っていく事の始まりです。

 

(本質的な他力への信頼の始まりでもあります)

 

 

外側の何かをどうにかしようとしても

それはどこまでいっても堂々巡りです。

 

それは過去のことでも未来のことでも同様です。

 

 

外側の誰かや何かに対して

 

許したい・愛したい・受け容れたい、と

 

 

そこに取り組み続けて握り締め続けること自体が

大きなエネルギーの停滞を生んでしまう要因です。

 

 

繰り返しになりますが

 

私たちの根本的な仕組みとして

 

外側は『受け容れる』ことはできません。

 

 

 

 

いったい何を受け容れる

 

対象にしようとしていますか?

 

 

どこにエネルギーを

 

持たせてしまっていますか?

 

 

 

自分がダメだから・能力が足りないから

消化・浄化が進んでいないから

統合が進まないというのは詭弁です。

 

 

ただ統合する対象を取り違えていて

具体的な方法を知らないだけなのです。

 

 

自分を責めて嘆く必要はありません。

 

 

『受け容れる』の基本的な概念を踏まえて

意識を向ける方向性に気づいてみてください。

 

そこが統合に向かう大きな転換点になるはずです。