本質的なヒーリングのコツ②「〇〇に囚われない」

 

 

前回に引き続き

『ヒーリング』っていうもの

本質部分のコツをお伝えしたいと思います!!

 

 

前回の内容は『〇〇を手放す☆彡』

⇒http://hado-chosei.jp/message/881/

 

 

054676

今日のテーマは

 

『〇〇に囚われない』

 

 

安心してください!!

 

前回の〇〇とは違います(笑)

 

 

ところで

 

『膝』が痛い

 

といったら、

 

悪いのは

 

『膝』なのでしょうか?

 

 

頭痛がする

 

としたら、

 

何か問題があるのは

 

『頭』なのでしょうか?

 

 

人の体って

 

そんなに単純ではないですよね。

 

 

なので、

 

 

“痛い”という箇所に

 

ただ「気」を当てるとか

「エネルギー」を送るとか

 

そんな対症療法的なことは

 

あくまで、

その場しのぎの気休めに過ぎなくて

やり手側の自己満足でしかありません。

 

 

それでは

根本的な癒しにはなりません!!

 

 

出ている症状にだけ集中する、

 

すると

その瞬間に大切なものに

目が行かなくなるものです。

 

 

 

又、

 

 

出ている症状を消したい

 

ということは

 

その状態が”悪いこと”だという

間違った思い込みがあります。

 

 

症状はあくまで出ている結果であって

そこに良いも悪いも無いはずです。

 

そもそも

出る必要があって出ているわけです。

 

 

例えば”熱”が出ているなら、

それは身体を自然に戻そうとする反応。

 

鼻水だってなんだってそう。

 

 

症状は、体の自浄作用

 

 

それを”悪”と捉えて

打ち消そうとするならば

それは慢性症状へと発展するでしょう。

 

 

症状のある状態は悪ではない

 

なので

 

症状に囚われないでください

 

症状を打ち消そうとしないでください。

 

症状に集中して力を持たせないでください。

 

 

『ヒーリング』と言って

単なる対症療法で終わっては意味がありません。

 

 

症状に囚われることで

起こり得ることを制限すること

 

 

『癒し』の本質は、

そこには無いはずです。