“波動が高い”って、そんなに良いのか?

 

 

同じ波動のものが引き合う

 

同じ周波数帯のものが引き合う

 

 

まぁ、よく言われます。

 

実際にそうでしょう。

 

 

だから

 

“波動を上げましょう”

 

 

最近よく言われますが、

 

 

 

これは

 

あまりに

短絡的!!

 

 

 

波動が高いから良い

 

波動が低いから悪い

 

そんなものではありません。

138822

 

波動には

良い・悪いもありません!!

 

 

その無意味な意味付け

いったいどこから来たのでしょうか?

 

 

高い波動は良い影響があって

低い波動は悪い影響を及ぼす?

 

 

そんなわけがないんです。

 

 

色で考えてみてください。

 

色も光の周波数の違い

 

 

高ければ「紫」

 

低ければ「赤」

 

 

 

「高い」「低い」

「紫」「赤」

 

どっちがよいの??

 

 

波動が『低い』のがダメってんなら

 

巣鴨の赤い下着の効果を全否定です。

 

絶対に赤い口紅も塗らないでくださいね!!

 

っていう話です。

 

 

周波数の高い・低いに

良いも悪いも無いんです!!

 

 

さらに言えば

 

「紫」より波動が高いのは

 

『紫外線』です。

 

 

「波動が高い」のがお好みなら

どうぞ心置きなく日焼けしてください

 

コギャルもビックリなほどガングロに!!

 

(今時ヤマンバギャルも見ませんがw)

 

 

さらにさらに言えば

 

放射線なんてのは

もっともっと波動が高い!!

 

でも、

それは人体にとって

完全にあかん奴でしょ!?

 

 

その逆を言えば

 

低周波治療機って

腰痛とかで使ったりするでしょ!!

 

 

だから

 

波動が高ければ良い

 

波動が低ければ悪い

 

 

それは

 

完全なる

都市伝説!!

 

 

その時の自分に合った

ちょうど良い周波数があるだけ。

 

 

「紫」が着たい日もあれば、

「赤」が着たい日もあるでしょ!?

 

アゲアゲの曲が聴きたいときもあれば

しんみりとした曲が響くときもあるでしょ!?

 

 

なのに

 

波動を上げれば

こんなに良いことばっかり

 

ネガティヴになりません!!

引き寄せできます!!

幸せになります!!

パートナーができます!!

仕事がうまく行きます!!

お金持ちになります!!

 

まことに残念ながら

そういうものではありません。

 

 

波動を上げれば何でもできる

 

っていうのは

 

元気があれば何でもできる

 

っていう

 

猪木と一緒

 

 

それこそ

 

バカヤローー

 

って

ビンタしたくなるようなものです。

 

 

 

なので

波動に良い悪いの意味付け

ほんとうに意味が無いものですので、

無理に波動を上げようとしないでくださいね。

 

 

じつは波動調整®って技術も

波動を上げ下げするわけじゃない。

波動をコントロールするわけじゃない。

 

その時に必要な共振が起きるだけ!!

 

それだけなんです。

 

とってもシンプルだけど

起こることはとっても大きい。

 

それでいて自然で優しい(笑)

 

といっても、なかなか分かりづらいので

そこから先は直接体感していただいた方が

圧倒的に早いかもしれませんねヽ(´▽`)/