今、この大きな変化の波に乗るために、本当に必要な力【5】

ごきげんよう、ちづる です。

 

前回は

「敵を創らない無敵の身体」とはどういうものなのか、例を挙げて説明させていただきました。

 

今、この大きな変化の波に乗るために、本当に必要な力【4】

 

バレエや日舞をやっている人の普段の所作が美しいように

「受容すること」「自分軸を保つこと」

日常で意識しなくてもできるようになったとき

『あり方』という一生モノの財産に昇華します。

 

自転車の乗り方などと同じで、一度身に付いたら生涯忘れることはありません。

 

 

o0485031513736591108

ちなみに『自分軸』を本格的に扱うのは

 

『波動調整本講座Day5 意識と身体』です。

 

概念自体は Day1 で登場しますが

 

『受容』ができる過程で発達していくものなので

最終日にカリキュラムを組んでいます。

 

たくさんのブロックで身体がガチガチに固いうちは

軸の在り処が分かりにくいからです。

 

Day5では

軸をより明確にするためのとっておきの『秘伝』もお伝えしています。

 

もうお気付きでしょうか?

そう、波動調整®は実は全く “いわゆるスピリチュアル” ではありません。

 

量子物理学の話こそ出てきますが

それすら、もはや怪しいものでも胡散臭いものでもなく

現実創造のメカニズムを説明する概念として一般に認知されている時代です。

 

スピリチュアルという言葉の定義にもよりますが

誤解を恐れずに言うならば

 

とことん現実を生きること=スピリチュアルに生きること

 

だと、波動調整®では解釈します。

 

生きていて何も起きないとか、そんな人生ありえませんよね。

 

だってわたしたちは

いろいろなことを「体験」するために、この地球に生まれてきたんですから。

 

その体験の連続を

敵と戦い続ける生き地獄と捉えるのか

ワクワクドキドキのアドベンチャーと捉えるのか

は、わたしたちの「意識」次第

 

つまり、わたしたちの「身体」次第、ということです。

 

『受容』と『自分軸』を修得した身体は

起こる出来事(現実)を敵(問題)とみなさないので

戦わなくて(苦しまなくて)済むようになります。

 

波動調整®は

身体感覚を磨くことで意識状態を整え

単なるノウハウではない生きるために一番大切な力を

あり方として身に付くまで養う

ということを目指しているワケなのです。

 

次週に続きます。