波動調整(R)の原理について② 共振と現実創造

こんにちは!

 

人生の波乗り応援団

PWEP(ピーウェップ)です☆

 

今回のテーマは

 

波動調整(R)の原理について②】

 

さて、前回原理その①では

『量子』についてお話しました。

 

そこでお伝えしたのが

 

自分の意識が現実として創造される

 

量子の場・現実世界の基本原則

 

『オファー』と『エコー』

 

096419

 
 

この基本的な性質を利用して

波動調整(R)の施術者

具体的に何をしているのか?

 
 

いよいよ核心部分ですが、

結論から言ってしまうと・・・

 
 

『何もしていません』

 
 

はぁ??

 
 

という感じですかね??

 
 
 

もう少し具体的に言うと、

 

施術者が自分自身を整え、

その時なりうる最大限の

ありのままの状態で在ることで、

 

“ありのまま”という波動で

クライアントと共振し、

クライアントがありのままに還る

という現実が創造されます。

 

030562

 

波動調整(R)の施術で起きていることは、

 

施術を受けると決めたクライアント

ありのままに還ると意図する施術者

 

その両者のオファーによる共同創造

 

であり、

 

“ありのままに還る”という現実創造

 
 

施術者はクライアントに

特別な何かをするのではなく、

自分を整え、ただ在り続けている。

  

 

たったそれだけ・・・

 

でも、

 

『何もしない』ってことや

その“ありのままの自分”で在る

 

というのが奥が深いのです。

 

なぜに奥が深いのか?

 
 

それは次回の記事で!

では、お楽しみに♪