実際の波動調整(R)の施術の流れと観察

こんにちは!

 

 

今回のテーマは

【波動調整(R)の施術って?】

 
 

波動調整(R)のセッションでは

どんなことが具体的に行われているのか?

そのリアルなところをご紹介ます☆

あなたの疑問が

少しでもクリアになってくれたらと思います。

————————

波動調整(R)セッション

————————

「観察」「施術」「観察」

 
 

波動調整(R)のセッションは

一般的にこの流れで進んでいきます!!

 
 

まず前後の『観察』とは

いったい何をするのか??

 

138043

 

『観察』とは

 

クライアントさんの波動を

施術者自身の身体に転写して

どんな身体の状態なのか確認すること

 
 

身体の感覚を通して波動で感じることで

問診や触診だけでは分からない

相手の身体の状態を直接感じることができます。

——————-

『観察』で分かること

——————-

 

・顎の合わさり方や舌の位置、

・重心位置や前後左右の歪みや捻じれ

・背中や首の曲がり方などの姿勢

・呼吸の深さや入り具合

・身体の余計な力みや緊張

・バランスの取り方や歩き方の癖など

 
 

これらのことを『観察』の中で

施術者の誘導に沿って

クライアントさんにも

同じ姿勢や動作をしてもらい、

一緒に確認していきます。

 
 
 

『施術』の前後で『観察』をすることで

波動調整(R)したことによって

身体にどんな変化が起こったかを

その場で即座に認識することができるのです。

 

一般的なヒーリングや整体では

施術後の状態を確認する方法が無く、

なんとなく変わった気がする!?、という

クライアント本人の感覚に頼らざるを得ません。

 

『施術』前後の変化の様子を

『観察』によって確認できることが

波動調整(R)の大きな特徴の1つです。

 
 

『観察』の際に「波動を身体に写す」と書きましたが

相手の気を身体の中に直接取り込むわけではないので、

一般的に悪い気をもらうといった類のことは

まったく起こる余地がありませんのでご安心ください。

 

※ちなみに『観察』の技術は

誰でも1日で習得可能な簡単な技術です。

 

 

それでは次は、

いよいよ『施術』について

 

 

波動調整(R)『施術』は着衣のまま行います!!

 

『施術』は横になった状態が一般的ですが、

座った状態や立ったままでも調整は可能です。

 

————————

ちなみに・・・

対面セッションの場合には

手技も併用していくので、

女性はスカートではなく、

動きやすい格好がオススメです。

————————

『施術』では基本的には頭部を中心に

身体の気になる箇所に触れていきます。

 

しかしながら、必ずしも直接触れる必要はなく、

身体に触れることなく、遠隔での『施術』も可能です。

 

遠隔セッションも直接の『施術』

調整の効果に差はありません!!

 
 

『施術』は15分か30分位の時間を掛けて行います。

(量子の場なので一瞬で変化を起こすことも可能ですが・・・)

 

基本的には横になったままリラックスしていただきますが、

お話したければ、会話をすることも問題ありません。

(しかしながら、『施術』中は一気に身体の緊張が緩み

心地よさを感じたまま眠ってしまう方も多いですが・・・)

 

『施術』前後の『観察』を含めて

1時間前後でのセッションが一般的です。

 
 

はい、以上が波動調整(R)

基本的なセッションの説明でした。

なんとなく、

セッションのイメージが湧いたでしょうか?

 

波動調整(R)のセッション

誰でも気軽に受けることができて

とても気持ちの良いものですので、、

ぜひ体験会などで感じてみてください。

 
 

さて次回は、

『波動調整(R)の施術を受けると?』

をお届けします☆お楽しみに♪