調和のための祈りと私たちの願い

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

 

波動調整®というものは

”祈り”に近いものではないでしょうか

 

 

 

それは本質的な意味での性質として

 

 

つまり、純粋な自己の持つ祈りです。

 

 

 

それは“願い”とは離れたもの

 

願望を成就することとはつながりません。

 

 

何かを熱心に信じ込むことも

何かを猛烈に刷り込むことも

 

本来はそんな必要がないはずです。

 

 

 

利己的な目的を達成するものでもなく

 

何かの信仰・信念を下ろすものでもなく

 

アストラル的なものに塗れたものではなく

 

ただの存在としての祈りであるはずです。

 

 

特別な真言やマントラ・呪文・念仏

 

そういった言葉を唱えることではありません。

 

 

それは言葉にすることができないものです。

 

 

言葉やイメージを介した瞬間に

私たちは利己的な嘘つきになってしまいます。

 

本来的な非言語的な祈りです。

 

 

 

ですので、波動調整®というものは

意図も執着も入らない純粋な祈りなのです。

 

 

目の前の相手・現実世界を変えよう、という

そうした傲慢さが入る余地のない祈りです。

 

 

それは神秘的な特別な何かではありません。

 

 

 

形だけの儀式や宗教的な制約のあるものではなく

世界である真の自己によって引き起こされる

 

(自らの主観で起こそうとするものではなく)

 

ただの純粋性による祈りのようなものです。

 

 

“しよう”と思って頑張って”する”ことではなく

潜在的なレベルで気がついたら”している”ことであり

本来的には自然の中で”させられている”ことです。

 

 

小さな自己の狭い視野による

満たされることのない”願い”

 

それを叶えることではなくて、

 

分離の世界でのフェイクの”願い”を満たす領域を抜けて

世界の本質に沿った純粋な”祈り”に自ら身を預けてみる。

 

 

パラレルな人工的妄想世界にハマり込むことではなくて

この宇宙における純粋調和の中に身を委ねていくこと

 

それが波動調整®の実践で目指していくことであり、

自然と調和をしていきていくことなのです。

 

 

 

波動調整®は一個人の願望を叶えるものではありません。

 

そうした”我”・”執着”を落としていくことです。

 

そして自らの意思を持って調和に沿っていくことです。

 

自分のしていることがどういう性質を帯びているのか?

 

それは我を満たすためのものなのか、

それとも調和に向かうものなのか

 

少し立ち止まって考えてみるのも良いのかもしれません。