目の前の現実を「幻」としてしまうことの危うさ

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

全部が幻だと思えますか?

 

 

実際のところ

 

この世界はあります。

 

 

そして私たちという存在は

 

いまここに在ります。

 

 

実感が伴わない

習った知識に基づいて

 

すべてが『幻』である

 

 

そんな一言で

 

この世界の存在を

無碍に否定してしまうのは

あまりに乱暴ではないでしょうか?

 

 

量子論やらスピリチュアルやら

そういったものを少しでもかじると

まったく実体を伴わない

 

 

その人の中にだけ存在する

妄想世界に入り込んでいきます。

 

 

今ここで苦しんでいることも

目の前に現れる現実も自分も

本質的には「幻」といえるような

存在なのかもしれませんが、

 

 

それを身体をもった3次元の中で

全部が「幻」だからと言っていても

それは虚言の戯言に過ぎないのです。

 

 

私たちは直接、体験するために

この世界に生まれてきているはずです。

 

 

その現実を、その身体で体験すること。

 

 

ぜんぶ「幻」なのだから、と

幻の悟りに逃げてしまうのではなくて

 

 

自ら造り出している妄想ドラマを抜けて

まやかしや嘘の洗脳を見破っていく中で

 

 

しっかりと現実と向き合って

その中で受け容れ統合していく。

 

「虚」に逃げないで「実」を味わうこと

 

 

波動調整®の実践というのは

 

そういう意味では

この世界・『生』の肯定です。

 

 

すべては「幻」だ、なんていう

 

疑いもせず当たり前に使われる表現や

誰かが言い出した慰め、騙しの言葉を

ただ盲目的に鵜呑みにするのではなくて

 

 

 

しっかりと自分の感覚を伴って

 

きちんとマインドを使いこなして

この世界を体験していくことなのです。

 

 

そうでないと、

それこそが幻の域から出れなくなっていくはずです。

 

 

仮の世界で悦に浸るのをやめて

実の世界の体験を積んでいきましょう。

 

目の前の現実の中にこそ

スピリチュアルが詰まっているはずです。

 

 

言葉で受け取った表現を鵜呑みにせず

きちんと疑って体験を通して学んでいきましょう。

 

なにが「幻」でなにが「実」なのか

自分の目でしっかりと見極めていきましょう。

 

波動調整®とはそうした目を、

感覚を養い洞察していくためのものなのです。