波動調整®の最重要ワード

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

ひとつお知らせがございます。

 

 

 

いつも半年に1度開かれている

 

波動調整®の創始者

片岡ひろ子の【特別セミナー】

 

 

次回の日程とテーマが決定いたしました!!

 

 

 

気になる日程は

 

“10月20日の土曜日”

 

 

主題となるテーマは

 

『ヒーリングの本質』

 

 

場所は都内某所となります。

 

 

近日中に申込受付が開始されますので

ぜひ日程を調整してご参加頂ければと思います。

 

 

当日午後には(こちらも恒例となっていますが)

すでに波動調整®講座を受講した方向けの

バージョンアップ伝授会も併せて開催されます。

 

 

いま日々の中で熱心に実践を重ねて頂いている方も

少しご無沙汰になって心配になってしまっている方でも

気兼ねなく集まって頂いて最新版をチェックしに来てください。

 

 

みんな集まって一緒に顔を合わせるだけでも

とても有意義で意味がある時間になるはずです。

 

 

また、

 

たとえ現時点で波動調整®講座を受講していなくても

10月までに講座を受講された場合であれば

もちろんご参加頂けますのでご安心ください。

 

いずれに致しましても

 

10月20日の土曜日に

みなさんとお会いできますことを

片岡をはじめインストラクター・スタッフ一同

いまからとても楽しみにしております。

 

それでは

 

もう募集開始まではしばらくお待ちいただきますが、

みなさまのご参加をお待ち申し上げます。

 

 

さて、

 

波動調整®の施術を語る上で

 

最も重要なキーワードがあります。

 

 

それは『無為自然』という言葉です。

 

先日ご紹介させていただいた

『波動調整®の施術とは』の中にも

この言葉が入っていたことは

すでにお気づきのことかと思います。

 

 

『無為自然』の逆を考えてみましょう。

 

 

“無為”という言葉の反対は“作為”

 

“自然”という言葉の反対は“人工”

 

 

つまり、

 

“無為自然”で在るということは

 

“作為的”ではなく”人工的”でもない

 

ということになります。

 

ですので

 

波動調整®の施術

 

“無為自然の状態で在る”ということは

 

 

“作為的”な外側の事象のコントロールを止める

 

“人工的”な意図・行為に基づく”造物”を止める

 

 

よく波動調整®で話している

 

“していることを止める”、というのは

 

まさにこの”作為的”であり”人工的”なものを

 

止めていくことなのです。

 

 

これは無意識にしてしまっているものですから、

 

止めていくためには自分がしてしまっていることに対して

 

繊細さをもって意識的になっていく必要があるわけです。

 

 

『無為自然』とは

 

人間の手が加わっていない元々の姿のことであり、

 

まさに”あるがまま”を許している状態のことなのです。

 

 

これは当然ですが、

 

施術の際にだけ言えることではなくて

 

生き方のベースとなっていく在り方です。

 

 

“作為的”に演じてしまっている自分

 

“人工的”に取り繕ってしまっている自分

 

 

そんな偽りの自分を続けることを止めて

 

本来の自然な自分を取り戻していく

 

そういったプロセスが波動調整®なのです。

 

 

というわけで今日の記事では

 

波動調整®といえば『無為自然』

 

 

ぜひこの基本を押さえて頂ければと思います。

 

 

波動調整®は”True Nature”を生きるプロセスですので

 

自然な自分でありたいなっていう方には

 

この波動調整®的な在り方を磨くのは

 

とてもしっくりと来るのではないかと思います。

 

 

それでは今日もありがとうございました。