自分で自分のことを知るために

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

 

波動調整®は自分の状態を識ること

 

自分のことが分かっていくことです。

 

 

 

人は何かを識るためには

何かを認識するためには

 

 

それではない何かの対比が必要です。

 

 

キャンパスの下地がないと

そこに描かれた絵が浮かび上がりません。

 

背景がないと被写体は視えてきません。

 

 

 

『地』と『図』の関係です。

 

 

自分という存在もまた

自分という存在のみによっては

決して浮かび上がってこない存在です。

 

 

 

自分では当たり前になっている

その体感覚もまた(深い部分も含め)

違う感覚を実際に体験することで

初めてそこでフィードバックが得られます。

 

 

それが波動調整®の観察という技術です。

 

外側の誰かを診断するものではなく

自分では分からない自分の感覚を識ること

 

自分では自分は分かりません。

 

自分の感覚は余程磨かれていない限り

現代人の場合はアテにならないものです。

 

そうした眠ってしまった繊細さ

徐々に徐々に呼び起こしていくことです。

 

私たちに本来備わっていたもの

自分を磨きながら気づいていくことです。

 

私たちの外側に新しく

何かを付け足して着飾っていくのとは真逆です。

 

 

自分で自分が分かるためには

自分を覆い隠していってしまっていくのでは

余計に自分が分からなくなるものです。

 

 

自分を識るために

自分は”〇〇で〇〇な人間だ”などと

高らかに宣言することなどに価値が無いのです。

 

“あなたは選ばれた〇〇な人間だ”などと

外側の何者かに授けられるものなどは意味が無いのです。

 

 

自分で造る自分など自分では無いのですから。

 

誰かに貼り付けられる自分など自分では無いのですから。

 

自分でちゃんと自分という存在を識っていくことです。

 

 

波動調整®は三次元世界での具体的な方法で

自分というものに自分で気づいていくこと

 

 

自分という”個”の意識を明確に識るからこそ

本当の意味での全体の調和へと還っていくのです。

 

 

自分を探すことに疲れたのならば

自分じゃない自分でいることに飽きたならば

自分とされているものに違和感があるならば

 

 

波動調整®はそれに気づかせてくれるかもしれません。