究極的な自己肯定のプロセス

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

“自己否定から自己肯定へ”、という

 

果たしてその方向性で良いのでしょうか?

 

 

もしかしたら多くの人が『自己肯定』というものに

必要以上に重きを置きすぎているのではないだろうか・・・

 

 

自己肯定できないからやりたいことができない

 

自己肯定感がないからしあわせになれない

 

自己肯定できない自分はダメな人間だ

 

 

それは本当なのでしょうか?

 

 

良しとされている『自己肯定』

 

本当にそれは必要なのでしょうか?

 

 

 

自分を重要に思う必要があるのでしょうか

 

自分に価値を見出す必要があるのでしょうか

 

自分に自信を持たないといけないのでしょうか

 

 

自尊感情、自己存在感、自己効力感

自己重要感・自己肯定感・セルフエスティーム

 

 

言葉はどれでもあったとしても大差ありませんし、

それを高めることが本当に必要なのでしょうか?

 

 

それらの感覚が無いと本当にいまの自分が

その瞬間にやりたいことができないのでしょうか?

 

 

それを考えていくならば

自己否定を止めようとする努力も

自己肯定を強めようとする努力も

 

どちらも本当の自分の場所から

遠ざかっていくための行為とも

言えるのかもしれません。

 

 

前回はお話したとおり

 

波動調整®は積極的に自己否定するプロセスです。

積極的に自己肯定を目指していくものではありません。

 

自己肯定がある種の自我の正当化になることもあります。

 

私はこんな人だという強固なアイデンティティもまた

本当の自分を見ていくのに邪魔をする存在になり得ます。

 

 

自分に自信を持たなきゃいけない、

自分に価値を感じなければいけない、

 

そのために幼少期の自分を見つめていったり

思い込みを強めて自分というものを再構築したり

 

そうした自分を強めていくプロセスとは、

真逆の方向性にあるプロセスが波動調整®です。

 

 

 

自己否定にも自己肯定にも縛られる次元を超えて

本当の自分としてただそこに在るということです。

 

 

結果、自分という存在がその場にあることで

自分という存在がどれだけ世界と影響しているのか

それを体感をもって腑に落としていくプロセスです。

 

自分という存在を認めていくプロセスであり、

そこに在ることを許していくプロセスという意味では

本質的な自己を肯定するプロセスとも言えるのかもしれません。

 

まとめますと

 

波動調整®は自己否定を止めるためのものでもないし

自己肯定を強めていくためのものでもありません。

 

自己否定も自己肯定もどっちも同じことで

どうでも良いことだと気づいていくことです。

 

そして本当の意味での自己否定をしていくことで、

究極的な意味での自己肯定がなされるプロセスです。

 

どうぞみなさまも

自己否定にも自己肯定にも囚われることなく

この世界と向き合ってみてください。