積極的に自己否定していくこと

 

いつもありがとうございます。

 

True Natureを生きる波動調整®です。

 

 

自己否定している自分をやめて

自己肯定できる自分になりたい。

 

よくそんな言葉が聞かれます。

 

ダメな今の自分を変えて

もっと良い自分になりたい。

 

 

“自己否定から自己肯定へ”、という

 

果たしてその方向性で良いのでしょうか?

 

それが今日の問いかけです。

 

 

波動調整®とは、ある意味で

積極的に自己否定していくことです。
 

 
自分が自分だと思っているものを

疑って見破って脱いでいくこと

 

 

あっ、それ自分じゃなかったな。

 

外から植えつけられたものだったな

 

こんな自分を握ったままだったな

 

 

生まれてきて生きてくる過程で

身にまとってきた自分じゃない自分

 

知らず知らずの内に

自分で自分だと造り上げた

その自分を止めていくこと

 

自分が自分と信じるものを疑っていくこと

自分じゃない自分を止めていくこと
それが自己否定していくことであり、
そして、本当の自分を想い出すこと

 

 

きちんと自分を疑い
きちんと否定して行く

 
 

積極的な自己否定のプロセスが波動調整®

 
 

 

自分を責めること・自分を悔いること
自分を卑しめること・自分を咎めること
自分を貶めること・自分を惨めに思うこと

 

これらは本来的には自己否定ではありません。

 

 

それらは一般的に良しとされる“自己肯定”
差のないものでどちらが良いも悪いもありません。

 

 

どちらもエゴの自己満足に過ぎないわけですから。

 

 

自己否定がダメで自己肯定が良いなどという発想も
いつのまにか刷り込まれ採用している一片の自分です。

 

 

こうしたレベルでの自己否定の話はしていません。

 

 

そして
“自己否定から自己肯定へ”の方向性では

 

 

同じ座標軸上で違う角度からエゴを満たしているだけで、
そこには、本質的な発展性は無いのではないでしょうか。

 

 

一般的な意味での自己否定自己肯定も大した意味はありませんし、

 

そこのせめぎ合いに必要以上に悩み苦しむ必要はありません。

 

(その葛藤も十分にやりきったら良いのですが)

 

 

波動調整®で身につけていくことは
本当の意味での自己を否定していく力

 

 

自分じゃない自分に気づいていく力
そして、要らない自分を止めていく力

 

 

そして、エゴが必死に守ろうとする自分を
“守らなくて大丈夫だ”と解いていくことで、
本当の自分で世界と触れ合うための力です。