個別意識があっての全体性

 

いつも ありがとうございます。

 

 

今日の話は個性と全体性

 

個別意識と自他意識

 

 

『個別意識』は

低次の自我とも言い換えられます。

 

私たちも含めて

すべての人たちが当たり前に持っている

 

わたし ”が” 、という

 

個別の存在と認識している意識

 

 

一方の『自他意識』は

高次の自我とも言えるでしょう。

 

 

“あなた も わたし”

 

外側も含んで私と認識できる意識

 

 

自者と他者の境界が薄れている状態。

 

自他の分離が無くなっている状態。

 

 

波動調整®の施術中などは

深い意識レベルでのふれあいとなりますので、

境目が消えて感じるような体験をすることも

よくよく起こったりもします。

 

 

しかしながら

 

この2つの意識を述べるときに

 

単純な落とし穴があったりもします。

 

 

低次の意識

 

高次の意識

 

と、考えてしまうと

 

低いものがダメで

 

高いものがOKなどと

 

とても低い次元での議論になります。

 

一般的なスピリチュアルなワークなどでも

 

分離を無くして全体を感じましょう。

 

すべてが一つのワンネスとつながりましょう。

 

などというズレた発想に走ってしまいがちです。

 

 

本当の意味で

 

意識の進化を進めていくならば

 

“個別”の意識があった上で

 

“自他”の意識が育まれていきます。

 

 

全部が同じ質の1つになることではありません。

 

バラバラの個性が集まって1つになっていくのです。

 

 

超意識につながっていけばいくほど

本来は”個”が際立ってくるとされています。

 

 

私たちの本質は

 

ユニークな”個”の存在です。

 

それと同時に”他”もまた1つの存在です。

 

 

『個別意識』と『自他意識』

 

波動調整®ではどちらも養われます。

 

『自他意識』を体感できるようにもなりますし

『個別意識』も自然と発揮されるようになります。

 

 

決して考える力を放棄して

低次・高次などという言葉に惑わされず

 

ただフワーッとワンネスの意識などと

付和雷同で信じ込んでしまうことなく

 

 

きちんと地に足をつけて

きちんとマインドを働かせて

 

“個別意識”も”自他意識”も

どちらも理解した上で

この世界を歩んでいきましょう。