嫌いは嫌い、不快は不快、それで大丈夫

 

いつも ありがとうございます。

 

本当の私に還る 波動調整® です。

 

 

自分のキャパシティを広げていくこと

 

波動調整®の中でも大事な要素です。

 

 

しかしながら、

 

すべてを受け容れましょう。

 

すべてのものを愛しましょう。

 

 

ということではありません。

 

 

(そもそも受け容れることは

何かを好きになることではないのだけど)

 

 

今日ここでお話していることは

 

1キャラクターの目線として

 

キライなものがあってもいいということ。

 

 

受け容れられないことがあっていい!!

 

 

みんながみんな同じ嗜好であったならば、

そちらの世界の方がとっても不自然ですよね?

 

 

嫌いなものは嫌いでいい。

 

 

不快なものは不快でいい。

 

 

ただ、そこに必要以上に

影響される必要はない。

 

そんな自分はダメなんだと

変な罪悪感なんていらない。

 

 

 

 

嫌いなものを遠ざけようとしたり

不快なものを無くそうとしたり、

 

そこで戦ってしまうと

よりキライな物の力が強くなる。

 

 

影響されるほど過敏になることはない。

 

 

嫌いなことはただ嫌いでいい。

 

そこにポジもネガもない。

 

 

そんな反応をしている自分に気づいて、

それはそれとして在ることを認めつつ

ただ自分のやることをただやればいい。

 

 

嫌いなことを嫌いだと思うことで

自分を責める必要はないので大丈夫。

 

 

そんな自分を温かく見守ってみましょう。