いったい何が『薬』を『薬』にしているのか?

いつもありがとうございます。 

 

本質に還るヒーリング整体

波動調整®です。

 

 

なぜ薬は効くのでしょうか?

 

何か特定の成分が効いているから??

 

 

なぜエネルギーヒーリングは効くのでしょうか?

 

何か特定のエネルギーが作用しているから??

 

 

では、

 

なぜホメオパシーのレメディや

フラワーエッセンスのように

希釈されて成分の無いものが効くのでしょうか?

 

 

そこに波動として残っているから??

 

 

では、別のことを考えてみましょう。

 

 

同じ成分の薬を飲んだとしても

 

同じ波動のレメディを摂ったとしても

 

効果のある人と効果のない人に分かれる

 

 

それはなぜなのでしょうか?

 

 

同じ成分・波動の物を摂ったとしても

効果の差異が生じてしまうことがある。

 

 

同じ栄養のものを食べても

太る人と太らない人がいる

 

同じ治療を受けても

効く人と効かない人がいる

 

もちろん同じヒーリングを受けても

効果のある人と効果のない人がいる

 

 

プラシーボ効果のせい???

 

それだけのこと?

 

 

仮にそうだとしても

 

プラシーボをプラシーボ足らしめているもの

 

それはいったい何なのでしょうか??? 

 

 

 

結局、薬を薬として足らしめているものがあって

レメディをレメディ足らしめているものがあって

ヒーリングをヒーリング足らしめているものがあって

 

 

それっていったい何なのか???

 

 

波動調整®っていうのは

こういった背景から考察されて

生まれてきた経緯があります。

 

 

その根本原理を根本原理の通りに

人や世界で体現する施術と言えるでしょう。

 

 

 

この考えって突き詰めて考えていくと

 

薬とかレメディとかヒーリングとか

 

そういった次元だけの話ではなくて

 

 

いま私たちが生きているこの世界を、

この世界として足らしめているものは

 

いったい何なのかっていう話です。

 

 

すべてを創り出しているもの

 

それはいったい何なのだろうか??

 

 

波動調整®の仕組みが分かると

その世界のカラクリが分かって

現実の制限から抜けて自由になる。

 

 

なにが薬と薬として足らしめているのか??

なにが世界を世界として創りあげているのか??

 

こちらをご覧のみなさまも

ぜひちょっと考えてみてくださいください。