双方向の世界で結果的に起こる癒し

 

いつもありがとうございます。

 

 

本質に還るヒーリング整体

波動調整® です。

 

 

こんなことを書くと

また多くの人がガッカリするかもですが、

(今週はこんなのばかりですがw)

 

 

波動調整®では

相手を癒すことが

目的でありません。

 

 

この3次元世界の仕組み

自分の存在することの力

こういったものを確信していく

 

 

一言で言えば

自分の在り方を整えるもの

現実の中で自己を見つめるもの

 

 

その“おまけ的結果”として

その場の共振によって

心にも身体にも

変化が起こります。

 

 

改めて

なぜ癒すことが

目的にならないかというと

 

 

私たちは”癒す”ということが

本質的にできないということを

きちんと知っているからです。

 

 

癒えることはあっても

癒すことはできない。

 

 

癒える・癒す

 

 

治る・治す

 

 

これらの2つの言葉の間には

大きな違いが存在します。

 

 

この世界では常に

双方向で物事は起こります。

 

 

片一方のベクトルだけが

働いているわけではありません。

 

 

一方的な働きかけは

頭の中にある見せかけです。

 

 

何かをしたことによって

その結果が起きたというのは

あまりに狭い世界の捉え方

 

 

常に世界が双方向であるという

意識で世界が認識出来てくると

そこにはまったく違う世界が現れます。

 

 

波動調整®は

自分の意識を磨くことを通して

世界の構造に気づくことです。

自分の存在によって

世界の構造が変わる

 

 

自分を知る

 

世界を知る

 

その結果の共振として

 

不調和から調和への転換

 

必要な変化が起こる

 

と、いうわけで

 

癒す・癒されるの世界を超えて

 

ぜひ根本的な世界の仕組みを

 

一緒に学んでいきましょう。