本当に健康な心と体の状態

 

いつもありがとうございます。

 

本質に還るヒーリング整体

“波動調整®”です。

 

 

今週は

 

『健康』について

 

考察をしています。

 

 

 

前回お話したとおり

 

実は『健康』という状態は

 

あまりハッキリとしておらず

 

漠然と捉えていることなのかもしれません。

 

 

 

では、その1つのヒントとして

 

野口整体の野口晴哉先生の言葉を引用します。

 

 

“本当の健康体とは

 

体ということを意識することがない”

 

 

 

本当に調子が良くて

 

身体が軽く感じられるような時

 

特に身体に意識を向けることがありません。

 

 

身体の存在すらも感じない。

 

 

それは身体だけの話ではなく

 

心の健康でも同じことが言えるはず

 

 

 

イライラしているとき

 

深く落ち込んでいるとき

 

強い感情を抱いているとき

 

 

心の存在を感じるかもしれませんが、

 

 

逆に特に思い煩っていない時

 

心が軽く気分の良い時は

 

特に心を意識することがないと思います。

 

 

 

よくスポーツ選手などが

 

“ゾーンに入る”などと表現することもありますが

 

余計なアレコレが意識に上ってこず

 

ただ自分の今に在る状態なんだと思います。

 

 

 

逆を言えば

 

気になる箇所を気にし続けている

 

特定の症状や状態を消そうとしている間は

 

健康体は訪れないのかもしれません。

 

 

ヨガなどでも

 

瞑想になっていく過程で

 

身体を意識する必要がなくなるように

 

アーサナを取るわけですよね!?

 

ポーズを取れるようになることが目的ではないわけです。

 

 

 

波動調整®のセッションでは

 

それまでの自分から

違った心身の状態にシフトします。

 

 

そうすると

 

いままで気になっていたことが

 

まったく意識に上らなくなったりすることもあります。

 

 

もう一度

 

ここで考えたいことは

 

 

“健康”になろうと意識している

 

“健康”を目指している

 

その背景には

 

“健康”じゃない自分

 

“病気”を恐れている自分

 

どこかに潜んでいるはずです。

 

 

そこの”健康”の囚われの外側に出てこそ

 

本当の意味での”健康”が感じられるのかも。

 

 

 

ぜひ今回お伝えした

 

“健康体”についてのお話を

チラッと頭の片隅に置いておいてください。