本当は難しい『健康』という状態

いつもありがとうございます。

 

本質に還るヒーリング整体

 

波動調整® です。

 

 

あなたは健康ですか?

 

健康に自信がありますか???

 

 

普段から当たり前に

 

『健康』という言葉を使いますが

 

どのような状態が『健康』なのでしょうか?

 

 

 

考えたことがありますか?

 

 

果たして『健康』って・・・

 

 

いくつかのケースを考えてみましょう。

 

 

身体検査をして

 

血圧や血糖値やら

 

そういった数値が基準値内なら

 

健康体なのでしょうか??

 

 

検査で異常値が出ていなくても

気持ちが塞いで精神面で病んでいたり

水面下で病気が進行していたり

 

 

正常値とされる範囲内にあっても

必ずしも『健康』とは限りません。

 

 

『健康』という状態は

 

数値だけで計れるものではないようです。

 

 

では、病気と健康の関係は??

 

 

病気がなければ健康なのでしょうか?

 

 

これも一概に言えませんね。

 

 

病気がなくても健康じゃない人もいますし、

 

病気があっても健康な人もいます。

 

 

先日のお話した“症状即療法”の考えでいけば

病気になれる人のほうが健康とも言えなくもないわけです。

 

 

病気の有無も『健康』という状態も

 

必ずしも直接関係が無いようです。

 

 

では、体の強弱の問題でしょうか?

 

 

筋骨隆々であったりとか

ストイックに身体を鍛えたり

マラソンを走ったり山を登ったり

 

そういう身体の状態が健康体か?

 

 

骨格・筋肉量

 

運動神経の良し悪し

 

運動量・運動強度・頻度

 

特別なエクササイズをしていなくても健康な人もいますし

ものすごい運動ができる人でも健康じゃない人もいます。

 

これらの要素も

『健康体』とは無関係といって

差し支えないのではないはずです。

 

 

心の健康という言葉もあるように

体の状態だけで健康は語れないですよね。

 

 

波動調整®の中でも

 

『健康』とはどういう状態か、

 

病気とはどんなものなのか

どんな種類のものがあるのか

 

世界の構造・身体の仕組みを捉えた上で

シンプルに的確にお伝えさせていただいてます。

 

 

では「健康体」って・・・

 

それにについては

少し前置きが長くなってしまいましたので

次回、さらに考察をしていきましょう。

 

 

ぜひそれまでに

 

『健康』という言葉

『健康』という状態

 

それがどんなものか少し考えてみてください。