本来的な『鏡』の使い方・外側の世界の観方

現実世界を変えていくリアルな仕組みを学ぶ

本質に還るヒーリング整体☆波動調整®です。

 

 

あなたの発している波動によって

この世界がさまざまに創造されている

 

 

こんな感覚は世間でも馴染んできて

だいぶ一般的にもなってきたようです。

 

 

この世界を観たときに

その世界は観た人の

意識によって違う物になる

 

 

つまり、

自分の意識が重要なわけです。

 

 

だからといって

 

目の前の現実を見て

 

自分はこんな意識をしていないーー、とか

なんでこんなこと思ってたんだーー、とか

 

 

現実に落胆するあまりに

自己卑下・自己否定に陥るのは

あまりにも短絡的で非建設的な話です。

 

 

だからといって

質問やら掘り下げやらで

潜在意識的な部分を覗こうとするのも

また巧妙に邪魔をする思考によって

思っている以上に難しいことになります。

 

(でもマインドを捨てろ、とかいうのはナンセンス)

 

 

自分の内側に気づくためのヒントは

内側ではなく自分の外側にあります。

 

 

これも誤解を招きやすい表現ですので、

 

こういう話をすると

 

外側は自分の『鏡』だから

現実世界にに映っているものは

ぜんぶ自分なんでしょーー的な

 

俗に言う『鏡の法則』を語る人がいます。

 

 

 

外側はぜんぶ自分!?

 

 

これも大きな勘違いを孕んでいます。

 

〇〇という現象が起きているということは

ぜんぶ自分がそうだからだわーとかいうのは

 

完全に『鏡』の使い方として間違っているわけです。

 

(そこら辺の詳細は今日のテーマではないので割愛)

 

 

このような『鏡』の使い方をして

 

実際に起きている外側の事象を

そのまんま全部を自分だとして

全部を全部受け止めようとすると、

 

はじめに言ったような

 

自分の内側の原因を探って

自己卑下に陥った以上に

自分を責める結果になるでしょう。

 

 

そうではなくて

 

 

現実世界・外側の事象を観たときに

自分自身がどういう反応をしているのか

そこに気づいていくことが重要なんです。

 

 

意識の投影として現れた外側を観て

それを体験するための装置(身体)を通して

どんな反応を出しているかを観ていく

 

 

そしてそれを受け容れていくことで

内側の変容が起き発せられる波動に変わり

はじめて外側の現実世界が変わっていきます。

 

 

それならば

いちいち自分を責める必用がありませんねw

 

 

波動調整®を通して

意識が変容し生き方が変わるのは

 

本来的な『鏡』の使い方・外側の世界の観方

具体的な内側の捉え方・受け容れ方・意識の扱い方を

知識だけでなく実践できるように腑に落とすからなのです。

 

 

現実世界を変えるのに外側の問題を解決しても何も変わりません。

現実世界を変えるのに内側の問題だけを覗こうとしても観えません。

現実世界を変えるのに外側をぜんぶ受け止めても意味がありません。

 

起きている世界の仕組み・体感する人間の仕組みを理解することが

現実世界に変化が起きていくためには重要になることなのです。