“一抜けた”はない世界

私達は一人一人観測者によって

違うバージョンの世界を観ています。

 

それは人に対しても同じです。

 

Bさんから観たバージョンのAさん、

Cさんから観たバージョンのAさん、

Aさんが自分だと思っているバージョンのAさん、

 

3人とも、それぞれのフィルターを通した別人です。

 

だけど、日常の中では

自分の観ているものだけを本物だと信じていますが、

本当はそうではありません。

 

では本当のAさんって?

 

それは、それぞれの一人一世界が溶けて、

真実を観られるようになって、

全員が持ち寄ったAさんが

本当のAさんと言えるのかもしれません。

 

私達の体験というのは

いつでも集合意識・地球意識全体に

持ち込まれて寄り集まっています。

 

その寄り集まった本当のところから、

また次の体験が生まれるという、

円環・循環になっている終わりのない世界です。

 

だから、自分だけ悟って、

 

“はい、上がり!一抜けた!”

 

っていうのはないんです。

 

 

いつでも個の体験は全体に還元され、

私達はお互いに影響し合っています。

 

それぞれの個として体験したことが、

全体への還元になっているので、

それぞれの個が分担して体験しているに過ぎないのです。

 

だから自分の成すべきこととは、

他人を蹴落とすことでもなく、

他人を救うことでもなく、

自分を生きること。

 

ただそれだけです。

 

目の前のことと向き合っていく中で

誰かを助けるという役目をする人もいるかもしれませんが、

全員がそうではありません。

 

宇宙の計らいでやってきた目の前に対して向き合い

自分に正直生きていく。

 

すると自分のフィルターに気付き、

真実が観え始め、一人一世界が溶けていきます。

 

波動調整(R)はその自分のフィルターに気付き、

真実を観るためのトレーニングでもあります。

 

真実を観る準備ができた方は

本講座で一緒に学びましょう。

 

波動調整(R)インストラクター 柿谷佳奈