分離は悪いこと?

前回の記事に、

本当の自分を生きられないのは

本当のわたしと分離しているから

という記事を書きました。

(全体=ワンネス・源、波動調整では便宜上“わたし”としています)

 

その記事はこちら↓
http://hado-chosei.jp/message/1253/

 

では分離は悪いことなのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

分離があるから統合されます。

 

源には全ての可能性がありますが、

逆に言うと、可能性のままでは

何があるのか分からないカオスの状態です。

人間はその中の1つの可能性として

自ら分かれて(=自分)生まれてきます。

 

分離することでその可能性が何なのか、

具体的に体験できるわけです。

 

そして可能性の1つとして体験したモノを

受け容れ統合する。

 

つまり、何が何だかわからない

抽象度の高い状態から低い状態へ下げ、

具体化して体験するのが三次元の地球です。

 

未知に出会うことで、

こんな自分がいたんだ!と気付き、

受け容れることで統合されていきます。

 

だけど、こんな自分はダメだ!と

否定し、責めたり、消そうとしたりすることで

より分離して苦しくなっていきます。

分離そのものではなく、

ジャッジするエゴの分離意識に囚われている状態が

苦しいのです。

 

なので、分離が悪いというわけではなく、

分離というプロセスを経て、

分離している自分に気付くことで、

統合に向かっていきます。

 

波動調整(R)の施術で起こるプロセスも

分離と統合のプロセスです。

ぜひ一度直接体験してみてください☆

 

波動調整(R)インストラクター 柿谷佳奈