ありのままを生きるには

“そのまま” と “ありのまま”

 

ちょっと似ているように感じますが、

波動調整(R)では明確に使い分けています。

 

“そのまま”とは、

今の、そのままの自分。

 

“ありのまま”とは、

今の、そのままの自分も含めた、

まだ見ぬ可能性も含めた自分。

 

ついつい、

こんな自分じゃダメだ!!

と思いがちですが、

そのままの自分を受け容れなければ、

ありのままの自分には還らない。

 

だって、どんな自分も、

ありのままの自分の一部だから。

 

そのままの私に拒否したまま、

ありのままの自分には還らないのです。

 

 

ついつい、いい部分だけ見て、

悪いと思う部分は排除したくなる。

 

でも、今ここにあなたが存在しているということは

前回の記事でもお伝えしましたが、

あなたという存在そのものがあってこそ、

宇宙の調和が保たれているということ。

 

全部ひっくるめてOKなんです。

 

自分に対して厳しくなりがちだけど、

そうではなくて、

どんな自分でもまずは自分が

受け容れてあげてください。

 

それも難しい時は、

“受け容れられないんだね”と

受け容れられない自分を受け容れる!

 

自分を受け容れずに

外側の出来事を受け容れることはできません。

 

受け容れるとは好きになることとは違うので

頑張って好きになろうとかしないでくださいね。

 

そのままの自分を受け容れていくと

周りに影響されて振り回されることなく、

ありのままを生きられるようになり、

宇宙の流れに沿って

魂が望む必要なことが起こっていきます。

 

波動調整(R)インストラクター 柿谷佳奈