本質の自分って??

波動調整(R)は本質の自分に還るツールです。

とお伝えしていますが、

そもそも、

“本質の自分”

と聞いて、どんなイメージをしますか?

 

『欠点を克服した自分』?

『ブロックがない自分』?

『浄化された自分』?

 

『こういう状態になったら本質の自分』

というような理想的な完成形を想像している方が

多いように思います。

 

波動調整(R)で定義する“本質の自分”とは

そういった型にはまったようなものではなく、

“進化・成長するもの”

です。

 

例えばヒマワリを想像してみてください。

 

ヒマワリは自然の流れのサイクルの中で

種の時、

芽の時、

茎や葉の時、

蕾の時、

開花の時、

種をつける時、

枯れていく時、

と進化・成長していきます。

 

では、ヒマワリの本質は
開花の花が咲いている時だけでしょうか?

 

違いますよね。

 

種の時も、

芽や茎や葉の時も、

蕾の時も、

種をつけて枯れている時も、

いつでもヒマワリはヒマワリ。

どんな状態もヒマワリの本質の一部です。

だけど、私達人間は、

 

花が咲いていないのはダメだ!

と未熟な自分を否定したり、

ヒマワリはダメ!ユリにならなきゃ!

と自分以外の何かになろうとしたり。

 

自分にとって理想的ではない部分を否定して

罰したり、責めたりなど自分を攻撃します。

 

もし、ヒマワリの蕾が

“こんな自分はダメだ!”

と自分を攻撃して傷つけてしまったら、

花は開きません。

 

開かせようとして水を沢山あげたり、

開かせなきゃと焦っても花は開かない。

 

その時、その時の状態をただ受容れ

宇宙の流れの中の然るべきタイミングで

花は自然に開きます。

 

人間も同じで、

その時、その時の今の自分を受容れることで、

宇宙の流れの中の然るべきタイミングで

必要な変化が起こっていくのです。

 

それは頭の情報で考えるようなものではなく、

魂が体験したいと、肚から望んだものが

展開されていく。

 

今の自分というのは葉や蕾のように、

本質に還っていくプロセスの中の

大切な一部なのです。

 

つまり、

“本質の自分に還る”

ということは、

今の自分を受容れ、

宇宙の流れに沿って自然に生きること。

 

そのサポートになるツールが

波動調整(R)です。

 

まずは波動調整(R)がどんなものか体験してみたい!

という方は波動調整(R)が気軽に体験できる

波動調整セッション会ががお勧めです☆

 

セッション会の日程はこちら↓

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4208

 

波動調整(R)インストラクター 柿谷佳奈